銀盤騎士ネタバレ 9巻 最新刊まで!?

少女漫画 銀盤騎士 ネタバレ 9巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった5時から9時までをネタバレ!

少女漫画 ネタバレ 銀盤騎士

銀盤騎士の概要

我が騎士よ 真の力を取り戻せ!!
というちょっとかっこいい 笑
キャッチフレーズからコミックの1巻がスタート
します
この漫画は小川彌生先生原作の作品で
今オリンピックなどで特に注目されている
フィギュアスケートを題材にしたものです。
スケート知っている人も知らない人も楽しめる
作品になっています。

銀盤騎士 ネタバレ 9巻

“何のために滑るのか”
心も大牙も麗人もみんなみんな、誰かを想い、誰かのために滑る姿にこちらまで胸が熱くなってしまいました!うん。良かったです!!

それでは銀盤騎士9巻ネタバレしていきます♫

ついに、オリンピック選考を決める全日本選手権が開幕!
しかーし、心は前巻から引きずっている『何のために滑るのか、何のために勝ちにいくのか』を、見いだせないままショートプログラムスタート。
もちろん上の空&頭の中はカオスで演技もミスしまくり。まさかの3位通過でした。
(あんな本田コーチの大声:『イッカーーーン!』初めてwww)

大牙はマリアとの交際のかかった試合のため、必死に滑りきりショートプログラムを1位で通過します!絶好調の風太が2位で通過します。

ショートプログラムの夜、心は偶然ホテルで千登勢(ちとせ)と盛山さんの話を立ち聞きしてしまい、千登勢が心臓の病を抱えていること、自分に心配かけないよう隠していることを知ります。
盛山さんに直接、千登勢の病状を聞いた心。
その後呼び出された本田コーチの話で、自分が“何のために滑るのか”を見出すことができます!

心『先生…ひとつ訊いていいですか 信頼される人間になる事と一流のスケーターになることは同義でしょうか?』

本田コーチ『当たり前じゃ 今のお前に他に何がある?』

本田コーチのかぼそーーーーーい答えに、心ついに覚醒です!!!
(千登勢に信頼されたい!父親に信用され、将来を変えたい!という気持ちでしょう。)

翌日から、周りがどんなにネガティブスイッチ(要素)押してきても全く動じず、むしろ何だかメンタル強めの頼れる男になっているぞ!!!
千登勢もキューン♡

心『まずはエースさふさわしい演技する せーちゃんはなんも心配しねぇでただ安心して』

心『オレを視ててくんちぇ』

(私のうち間違えでなく、訛りでございますwww)

言葉の通り心は超高難度ジャンプも含め、すべてのジャンプを成功させエースの風格、強さを見せつけ優勝します!!!
1位で折り返した大牙も、まりあの為に滑りますが緊張からかジャンプに失敗。でも、最後まで諦めずに滑りきります!!(まりあもジーンですな。)

そして、音とまっったく合わないクネクネ表現なのになぜか感情だけは伝わるスケーター(説明なげ〜w)・麗人も、いつもは弱音ばかり吐き逃げていましたが、足の怪我をどうにか隠しながら、今までコーチをしてくれた祖父をオリンピックに連れて行くため必死で滑ります。
何ども何ども転倒しながら。
(ちょっと感動しちゃうんで是非読んでください!)
麗人:オレはまだ!あきらめてないぜえええええ

全日本選手権は、1位心、2位大牙、3位風太といった結果に終わりました!
(これで心はオリンピック出場が決定します♫)

そしてその夜、心の部屋に足のマッサージに行った千登勢。
マッサージ中、寝てしまったかと思い心の背中に“我が騎士よ お疲れさま”なんて思いながらキスすると…心起きてた〜〜〜!!!
か、ら、のーーーー♡
千登勢を抱き寄せて、抱きしめ…

心『本当は今…こんまま…』
千登勢『こ…こんまま…?』

はいハイーーー!!そこでお約束の盛山ネーサン!!!(line着信ねw)
呼び出された2人が盛山さんの部屋を訪ねると…

ど、どちらさま?!???

心&千登勢『すみません部屋を間違え…』

盛山『間違えてないわよ 正真正銘あたしが盛山よ 間抜け面してないでさっさと入って頂戴』

盛山さんは2人を呼び出し、自分の過去の話を始めます!!!(偽名だったことはサクッと流したよw)過去の盛山さんは今の心と同じでかなりメンタルが弱く、ここぞという時に失敗ばかりしていたという。でも大学受験でメンタルの弱い自分を不安にさせない為に、持病が悪化していた祖母が手術をせず亡くなったことをきっかけに弱い自分を封印し、祖母のメイク・格好をすることで“鉄のマインド”を手に入れたという。

心のメンタルを心配してオリンピックまでは自分の心臓の手術を受けないという千登勢のため。
心へのメッセージとして自分の話をしたんだと思います!

それを聞いた心は覚悟を決めます。
千登勢に自分はオリンピック前に足の手術を受けること、手術を受けオリンピックで千登勢の呪文なく完璧な演技をすることを伝え、千登勢にカテーテルの心臓手術を受けるように勧めます。

心を信用してないわけではないけども、うなずくことができずにいる千登勢でしたが、心自身は足の手術を受け順調に回復していっています!

そして銀盤騎士9巻ラストには、千登勢の上司であり編集長の沢田さんのお話。
ずっと前半は千登勢と沢田編集長の関係にソワソワしてたワタクシでしたが…なんと沢田編集長は、不倫関係にあった矢野礼子の妊娠発覚&離婚がわかり、1度は別れていましたが追いかけて行きました!!

沢田『オレはお前に純粋に恋してる ずっと10代のガキみたいに』

沢田『失いたくない』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする