ちはやふる 24巻 ネタバレ 人気な恋愛系マンガ

少女漫画 ちはやふる ネタバレ 24巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったちはやふるをネタバレ!

少女漫画 ネタバレ ちはやふる

ちはやふるの概要

競技かるたをやる 小学生の女子「ちはや」の
青春ラブストーリーです。
男でもハマる少女漫画として話題!
あまりにも人気だったため映画にもなり、
映画→原作という流れでますます注目が高まっていますので
一度見てみると良いですよ!

ちはやふる ネタバレ 24巻

「もし会えたら 全部燃えそう」

新に「好きや」と、直接言われた千早。
新が会場にいないことが心配で電話をかけたが、案の定新は風邪を引いていました。
本当に少しの会話しかしていないにもかかわらず、千早は体の芯から熱を帯びてきます。
いつも一生懸命で真っ直ぐな千早ですが、「新」の名前を聞くだけで様子が変わり、太一はそれを見逃しません。
太一の描写が、なんとも切ないですよね……。

―この札たちが 私を選ばんはず ない

クイーン位決定戦が始まり、現クイーン・若宮詩暢と、現在は2児の母であるかつて4連覇した元クイーン・猪熊遥との最高峰の闘いがくり広げられます。
白熱した勝負は見物です。
また、幼い頃より札を「家族」のように思っていた詩暢の、札に対する愛をも感じられるセリフです。

「3人子供がいても 女王になれるって」

一生かるたを好きでいる女の人のために、と猪熊遥の信念に胸を打たれる読者は多いのではないでしょうか。
若宮との激しい勝負の中で、猪熊は汗をかき、時折、口元をハンカチで抑えています。
そんな彼女は、実は3人目の子どもを身籠っていたのです。

「一人になるほど強いんやったら うちはいま 最強やないんか」

激闘の末、詩暢は猪熊の強さに、クイーン戦で初黒星をつけられてしまいました。
詩暢は、更衣室で言われた言葉が頭に焼き付いて離れません。
自分は政治家である祖母のきれいな看板だと言われた事、差し入れに来てくれた千早の発言にショックを受けてしまい、それが試合に響いてしまいました。
詩暢ファンは、本当に胸が締め付けられる想いです。

カバーの和歌と解釈
――秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露に濡れつつ――
(秋の田のそばにある仮小屋の 屋根の編み方が荒いので 私の着物の袖は 夜露にしきりに濡れ続けているよ。)

これは天智天皇の句ですが、祖母に選んでもらった大振り袖の着物を着て、クイーン位決定戦に決戦の舞台へ向かう若宮詩暢を表した句にも感じられますね。
濡れ続ける「露」の文字が、自分が思っていたよりも祖母が好きだと気づいた時に流した、詩暢の涙のように感じられますが、それを救ったのはやはり千早でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする