ちはやふる 15巻 ネタバレ 人気な恋愛系マンガ

少女漫画 ちはやふる ネタバレ 15巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったちはやふるをネタバレ!

少女漫画 ネタバレ ちはやふる

ちはやふるの概要

競技かるたをやる 小学生の女子「ちはや」の
青春ラブストーリーです。
男でもハマる少女漫画として話題!
あまりにも人気だったため映画にもなり、
映画→原作という流れでますます注目が高まっていますので
一度見てみると良いですよ!

ちはやふる ネタバレ 15巻

富士崎高校 対 瑞沢、決勝戦――
天性の“感じ”を持つ山ちゃんと競り合い、千早は利き手である右手の人差し指を痛めてしまいますが……

「私がずっとしてきたのは、右手中指で、札の縁をはじく練習」

それは、クイーン・詩暢ちゃんから学んだ、正確なかるた。
詩暢ちゃんも見ている前で、千早はますます集中力を高め、4連取します。
ケガしながらも頑張る千早に、圧され気味だったほかのメンバーも立ち直ります。
チームのために、みんなのために。
その情熱は、会場の外で音を聞く新にも、団体戦を鼻で笑う詩暢ちゃんの心にも届きます。

机くんが負け、筑波くんが負け……瑞沢高校にはもう後がありません。
周囲も富士崎の勝利を感じる中で、太一が力強く言います。

「3勝するぞ、みんな」

正確でムラのないかるたをするA級選手・江室部長を相手に、太一は強気で攻めます。
そのとき、千早が接戦を制して勝利! そのまま倒れこんでしまいます。
残り2組は、運命線へもつれ込み……あと2勝が必要な肉まんくんと太一は、北央との経験を活かし、きっちり「札合わせ」をしています。

「千早、起きてくれよ。せめて、見ててくれよ――おれの運命を」

自陣の札が詠まれれば勝ち、敵陣が詠まれれば負け……
運命戦で運のない太一ですが、果たして自陣の札は読まれるのか……!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする