ココロボタン 12巻(完結) ネタバレ 人気な恋愛系マンガ

少女漫画 ココロボタン ネタバレ 12巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったココロボタンをネタバレ!

少女漫画 ネタバレ ココロボタン

ココロボタンの概要

小学舘から出版され雑誌 ベツコミ(別冊少女コミック)で掲載されていた宇佐美真紀先生
が書いたラブストーリーで
12巻で完結しています。

ちょっとSな男の子がでてくるので
M女子からとても人気が高い ココロボタンです。

ココロボタン ネタバレ 12巻

卒業ですよ、卒業。

新奈たちが卒業です。

さらに、古閑くんのあの一言。

「一緒についてきて欲しい」という言葉を聞いて猛勉強。

そして、無事に受かったんですよー「英文科」に。

どうしてかというと、それは11巻の時に古閑くんが国際的な弁護士になりたかった。

そのためには、大学卒業後にアメリカの大学へ留学することが必要だったからです。

今までの新奈であれば、きっと古閑くんの帰りを待とうとしていました。

しかし、今回ばかりは自分も並んで歩けるようになりたいっ!

そのような思いが強くなり、この結果につながった形です。

一方、話は変わって速水くん。

良い奴だったよ、君は。

というわけじゃなくて、京都の大学へ進学することに。

ただ、やはり新奈たちとの一件もあるため、知らせたのは直前だったのです。

これが、せめてもの抵抗って感じですかねぇ。

そんな訳で、それぞれがそれぞれの道を選んだ形で締めくくられていきます。

え、最後にどういう風に新奈と古閑くんが描かれるかって?

それは、教室の一室で古閑くんが新奈に対して、言葉を聞かせてあげようとするんですが・・・?

読んでみるとらしいな、と思えるシーンでしょうね、ここは。

ラストは結構駆け足な感じでしたね。

でも、正直な話を言うと受験の時の描写なんて詳しくやっても仕方ないですよね。

延々と2人で勉強するくらいしか描写ができませんし。

息抜きと称して、数日遊んでたら受験生らしくもないし。

ちなみに、本編はかなりさらっとした終わり方をしています。

どちらかというと、本編よりは番外編の方が主軸かなという感じの12巻です。

番外編っていうのが、予想通りであろう未来のお話。

そこでの2人の生活が中心で描かれていくのですが、古閑くんの弟とかも登場しますよ。

古閑母の胃が本当に心配になってしまいます。

大丈夫でしょうか、お母さん・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする