君に届け 21巻 ネタバレ おすすめの恋愛の漫画はコレ!

少女漫画 君に届け ネタバレ おすすめの恋愛の漫画はコレ! 21巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった君に届けをネタバレ!

少女漫画 君に届け ネタバレ

君に届けの概要

別冊マーガレットでおなじみで読んでいる人は
誰もが知っている漫画、君に届けです。
この本はパッと見た感じよくある漫画だと
思われがちですが、あなたが求めている
胸のキュンキュンはもちろん
ピュア過ぎてツッコミを入れたくなったり
(たぶん表紙からよくありがちな漫画なんだろうなと
読む前は自分も思ってました)
椎名 軽穂 先生原作のコミックです!

君に届け ネタバレ 21巻

朝6時頃に、窓へ雪を投げつけて千鶴を起こす龍!
ホワイトデーのために、好きな『堅焼き煎餅&大福』を渡しに来てくれたらしい。
龍は千鶴の事を知り尽くしてるけど~千鶴の方は、思ってたより知らない事が多い。

別の大学で、龍と離れてしまう事で、どう接していいのか分からなくなりつつある千鶴。

進路相談室の前で、お返しにと『のど飴一個』で手を打とうとするピン(爽子と千鶴の分もあり)!

愚痴りながらも、ピンに頭を撫でられたのを思い出して…赤面してお礼を言うあやね。

学校はホワイトデーで、お返しムード一色に。
貰えるのかと期待する爽子に、風早から一緒に帰るお誘いが!
________________________________________

ケントもあやねにお返しして、もう来年のプレゼント考えてて、色々と気が早かったり
あやねが塾に通おうかと思っているらしく、2人で通う事に

大学の話しをしたいけど、無邪気にお互い札幌に行くと信じてるケントには言い出せなくて

ケントは、いつもあやねの事を思って話してくれてるだけに。
結婚しようとまで言っていて、彼にとっては本気なようだ!

行き先を隠して歩いていると、体力作りのウォーキングだと勘違いする爽子…

外なので抱き締めたい気持ちを我慢し、目的地へ到着!
風早からのお返しは、缶入りのクッキー

春になり、新入生が入って来た北幌
高校!
一年や二年は、やっぱり風早の話題で持ちきり~彼女が貞子って呼ばれてると知られてるようです。

彼女がいるのか確かめに来る、一年女子もいたり。

久しぶりに龍の家で、ラーメンを食べる爽子&あやね。
会話の内容は、千鶴と龍の話ですが。

バイトも上がり、3人で色々と報告し合う事に。
あやねとケントが通う塾には、くるみも居て鬼気迫るものがあるらしい。

何がやりたいかと言う質問に、外国とか行ってみたいと答えた、あやね。
お金をためてケントとハワイに行けと茶化す千鶴。

家や地元を離れたいらしく、一人で色々やれるようになりたいらしい。

それに対して、卒業したら殆どか地元を出る人が多く、遠くに行くのが当然みたあに言わないで欲しいと言う千鶴。

八つ当たりなんだけど、ここではやりたい事が出来ないのも分かってる。

あやねは、龍を追って地元を出れば良いと言うけど…千鶴の選択肢に龍が含まれても、「龍の選択肢には 別にあたしはいないよ!」と返す千鶴。

千鶴と爽子には本音が言えたあやね、爽子も大学で友達が出来るように頑張るつもり!

地元を出たいあやね、残るつもりの千鶴、出る事を決めた龍、残りたい風早。

教師になりたい気持ちと同じくらい、皆と離れたくなくて、寂しいと感じる爽子
それぞれ違う未来があるのは当然だと考えつたも、取り残された気持ちになったみたい。

5月15日、風早の18歳の誕生日を祝う爽子~プレゼントには、他に手紙などもあったり。

面談にて、教師を目指してるのに教育大や教育学部を視野に入れてないのを指摘するピン!

進学に理解ありそうな親だと感じたようで、〝第一希望でも教職は取れる〟が…
オススメは、札幌の国立 の『D教育大』で、それも視野に入れて考えるように言われた。

風早は、爽子と同じ大学を希望なのだが、爽子の成績や他にも行ける事が気になっている模様。

くるみと図書室で会い、思わず志望校を訊いてみると~。
D教育大で、くるみも「教師になる」との返事が…

衝撃を受けた爽子ですが、自分も教師なる事を話し、くるみもビックリしていました。
風早の進路は、地元希望だと知ったくるみ。

くるみが塾の体験もあると言ってたので、行ってみる事にしたようです。
勉強が好きなのもあり、興味はあったのだとか!

塾での勉強は、爽子にとっても刺激になったらしい。

報告はいらない、『もう風早と付き合いたいとか思ってない』と言う、くるみ!
受験の事で、恋愛どころでは無いから。

教師志望の爽子が、『高校』での教職を希望だと知ったくるみ…

「どこまで行ってもライバルなんだね!」と言われて、嬉しいと感じる爽子!

どうやら、くるみの祖母や両親も『D教育大』を出ていて、教師一家なのだとか。
だから…今のままだと合格は厳しくても、絶対に合格する必要がある訳で!

行きたい大学が他にもある事をケントに言えなかった事について考えこむ、あやね。

東京の大学を受けても落ちるだろうから、言わなくて良いと思っており、一緒に札幌に行くからと…
塾から帰宅した爽子ですが…爽ママから親を頼るように言われ、塾に通いたい事を伝えました!

一方、風早の方は…大学を受けるつもりだと、ゲキレツに宣言!
甘い事言うのに対し、受験勉強をしてたのか問うゲキレツ。

本気を自力で見せてから、物を言えと怒鳴るだけで…それ以上の話は出来ず
自力で勉強して認めさせるために頑張ると、爽子へ伝える風早。

お互いに自分のやるべき事を頑張る事にした2人。

あやねの「悩んだことある?」と言う質問に…高校時代に悩んで、子供の時の夢とは違う道を選んだ事を話すピン。

自分の選択で将来が決まるのが面白いから、「より面白い事を選びたいだろ?」と問い返された。

「おまえは どんな答えが欲しいんだ?」と訊かれて赤面してしまう、あやね。
考えを見透かされているようです!

大人っぽいと言われて来たと言うあやねに対し、子供だと言うピン。

自信がなくて安全を選ぶけど、今まで選んできたのは本当に安全だったのかと。

子供だからこそ、無茶な事が出来るのだから。
あやねの事を理解した上で、前に進めるように促してます

ケントが話し掛けてもどこか上の空な感じで…勉強する時間を優先しようとする、あやね。

あやねが勉強に集中し頑張り過ぎているのに対して、自分も頑張ろうと思うものの…
『そこまでしないとだめ?』なのかと疑問に思うケント。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする