君に届け 12巻 ネタバレ おすすめの恋愛の漫画はコレ!

少女漫画 君に届け ネタバレ おすすめの恋愛の漫画はコレ! 12巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった君に届けをネタバレ!

少女漫画 君に届け ネタバレ

君に届けの概要

別冊マーガレットでおなじみで読んでいる人は
誰もが知っている漫画、君に届けです。
この本はパッと見た感じよくある漫画だと
思われがちですが、あなたが求めている
胸のキュンキュンはもちろん
ピュア過ぎてツッコミを入れたくなったり
(たぶん表紙からよくありがちな漫画なんだろうなと
読む前は自分も思ってました)
椎名 軽穂 先生原作のコミックです!

君に届け ネタバレ 12巻

早くも1学期も終業式。
明日から夏休みです。
と言っても補習があるものや講習を受けるもの、部活にいそしむものなども多く、夏休みでも割と皆学校に通うことになるみたいです。
爽子と風早は2人とも講習組で学校でも会うことになるのですが、連絡もするよとその日は男友達と帰って行く風早。
爽子はというと、そんな後姿を見送りつつ連絡と言ってもなにを連絡すればいいのか……などと考えていたのでした。

困ったときのやのちづ頼みとばかりに相談を持ちかける爽子ですが、なんでもいいの一言で済まされてしまいます。
眠いでも暑いでも何でもいいとのアドバイスに、用事ですらない「連絡」にカルチャーショック(?)を受ける爽子。
そもそも付き合うということ自体なにをしていいのかがわからないともらす爽子に、矢野は要するに「2人で一緒にいる」ならばそれが付き合っているということだとシンプルな答えを返してくれます。
その高説に感心し、こうして夏休みでも友達と会話できると言うこと自体にも感動している爽子ですが、矢野は更に言葉を続けていました。
付き合っているならば2人でいれば何もしないと言うことはないだろう。
手をつなぎ、くっついて……キスをする。
爽子のほうからそんなことを願ってもおかしくは無い、と。

そんな言葉に思わず風早とのキスを想像し、爽子は思い切り固まってしまうのでした。

夕食時、真面目に勉強に励むのもいいが友達を連れてきて羽を伸ばしてもいいんだぞ、と爽子の父が優しく声をかけてくきます。
爽子はまだ風早と付き合いだしたことを話していないと言う負い目のようなものから、話もそこそこに食器を片付けて部屋に戻ってしまいました。
悪いことをしているわけではないとわかってはいるものの、初デートで抱きしめられたりしたことなんかを思い出すとどうにも気まずいというわけです。
部屋に戻ると、今度は先ほどの連絡について考えてしまいます。
何の用事で、自分からしてもいいのか、自分からどこかへ誘ったりしていいものなのか……
いろいろと考えていると、早速携帯に風早からのメールが届きます。
内容は犬の写メという極他愛の無いものですが、それでも爽子の心を動かすには十分なもの。
思えば風早を強く意識しだしたのも一年前の夏休みごろ。
その気持ちはむしろ今のほうが強くなって、爽子の心を苦しいくらい動かしているのでした。

翌日、爽子は意を決して風早を自分から誘います。

といっても講習が終わった後、図書館で一緒に課題をやらないかと言う真面目なものですが……
もちろん風早が断るはずも無く、約束は無事結ばれました。
で、その約束の時間、図書館に行く前にトイレに立ち寄った爽子。
爽子はそれはもう思い切って、ちょっぴり大胆な装いをすることを決意します!!
といっても、上着のボタンをひとつ外してみるだけなんですが……

真面目な爽子にとってはそれでも十分大冒険。
羽目を外しすぎなんじゃないかなどと考えながら、そしてそれが考えすぎなんだと言うこともうすうす感づきながらトイレを出る爽子。
するとタイミングよくそこに風早が歩いているではないですか。
そして早速その爽子精一杯の大胆な装いに気が付いた風早は、

ボタン開いてるよ、とすごく爽やかに「ミスの指摘」をするのでした。
まさか自分の意思であけてたんですよとは言えない爽子、暑かったから閉め忘れてたよと言った風情で慌ててボタンを閉めなおすのでしたとさ。

図書館で2人きりになる爽子と風早。
先ほどのボタンといい、爽子は風早を思うととても自然体ではいられません。
それがデートの時に言われた風早の「そのままでいて」という言葉に反しているかのように感じているのか、このぎくしゃくした思いに気が付かないでくれと思う爽子。
それでも一緒にいたい、もっと近づきたいと願わずにはいられません。
やがて日も傾き、2人で帰路に着くとその思いは更に加速。
先日の矢野の、爽子の方からキスをしたり手をつないだりしたくなってもおかしくない、と言う言葉を思い出し、
そっと、手を伸ばしたのです……!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする