少女漫画 ヒロイン失格 ネタバレ 9巻~10巻 おすすめ 恋愛

少女漫画 ヒロイン失格 9巻~10巻
結末の最終回までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった、ヒロイン失格をネタバレ!

少女漫画 ヒロイン失格 ネタバレ

ヒロイン失格の概要

自分が主役だと思い込んでいる女子高生の 松崎 はとり
同級生の寺坂利太に片思いしていました。
利太は女子からモテモテで次々と女の子を付き合って、別れてを繰り返していました。
主人公の、はとりは最後に付き合うのは自分だと思っています。

ある日、利太がいつもより長続きしている恋愛になり
急に、はとりが不安になり、自信がなくなってきたストーリーです。

ヒロイン失格 9巻 ネタバレ

バイト先のるなちゃんと学校でキスしたことがバレて

ケンカした弘光くんと、はとり。

中島の助言により、仲直りのメールを送ったはとり。

二人は仲直りするかと思ったらここでまた、るなちゃんと弘光くんが

一緒にいる所を見てしまうはとり。

るなに、「ぼろくそ」いいます。

これは、酷い!

「バカ女に、最低女など・」めちゃくちゃのいいようです

この言葉に弘光くんがひいてます。

でも、利太ははとりの味方だと抱きしめます。

「あんな女どこにでもいるだろう、お前とは比べもんになんねぇよ」

だって・・。

二人で帰る途中で、安達に会います。

利太と付き合っていた真面目な安達です。

まじめな彼女が全然違う人になってるんです。

男の人とホテルから出て来て、別れたら次違う男の人と一緒に

またホテルに入ろうとしてる。

その姿を見た利太は自分のせいで安達がこんな風になったんだと

利太は自分を責める気持ちになります。

安達は違うっていってますけどね。

はとりは、弘光と話し合うために戻ります。

でも、二人の意見は平行線です。

そんな時、はとりは「利太なら」といってしまいます。

そして、二人は別れる事に・・。

利太は安達とまた出会います。

安達は利太と別れから、「自分は何を得ただろう?」

結局、はとりみたいに好きに生きた方が勝ちなんじゃないか

って思うようになった。と利太に告げます。

あの時の、安達は我慢してたって事なのかな?

この安達の登場により、利太がはとりを少し遠ざけます。

バイト先のるなちゃんが弘光に告白します。

でも、るなちゃんには興味がないとバッサリ!

弘光はどーでもいいと思ってる人の為にケンカしたんだね。

ただのきっかけでしかなかったんだろうけど。

安達は彼に殴られ、顔にあざを作って学校に登校するのを、

はとりも見て、利太と話をします。

利太は自分のせいだといい、はとりを追っ掛けて自分だけ

幸せになれないと言われます。

はとりは、何もしてないのにふられた気分。

弘光くんは前よく行ったお店にいき知り合いと話をする。

そこで、はとりとの破局話をする。

「価値観の違いとかいってるけど、本当は自分のキャパオーバーだった

から逃げ出したんじゃないの?」って

「手に負えなくなったからって投げ出すなんて、器が小さい、ここからが恋愛だって」

言われてしまいます。

はとりは、家で自分の気持ちの整理を。

部屋がぐちゃぐちゃです

そんな中、弘光くんの思い出の品と利太の思い出の品が出て来て、

弘光くんのは取っておくけど、利太のは捨てると母に告げます。

すると母は、利太がすきなんだね。

弘光くんは思い出に出来ても、利太は思い出に出来ないって事なんだね。

っと・・。

その時に、現れたのは?

次回は最後です。

二人の恋愛はどうなのでしょう。

ヒロイン失格 10巻 ネタバレ

はとりは、一人で頑張ろうとするが、

利太に言われた「とことんくらいつけよ。それがお前なんじゃねーの」

っていう言葉が、頭をよぎり、利太を探します。

利太と安達が一緒に歩いてるところで、

「わたしは、利太が好き、大好き」とはとりは、叫びます。

安達は、携帯に入っている男の住所登録を消して

利太に、「幸せはちゃんと自分の力で掴むから」

と笑顔でその場をさります。
   
はとりが、利太に「行かないで」と抱き付きます。

はとり「利太は私にとってヒーローだ」

利太「へなちょこだけどな」

はとり「ヒロイン失格にはちょうどいい」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする