スキップ・ビート! 7巻 ネタバレ 最新刊まで

少女漫画 スキップ・ビート! ネタバレ 7巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったスキップ・ビート!をネタバレ!

少女漫画 スキップ・ビート! ネタバレ

スキップ・ビート!の概要

主人公の最上キョーコは生活費を稼ぐため
日々バイト生活を頑張っていて同居していた不破尚が
念願かなって、ミュージシャンになれ人気バンドとなることが
できたが…
不破尚はキョーコを雑用係として利用していたことが後で
知ることになり 怒ったキョーコは別れ、自分が有名になってやろう!
ということで芸能界に入ることで復讐すると心に誓う物語。
現時点では40巻まで販売されている超ロング作品です。

スキップ・ビート! 漫画を無料でネタバレ 7巻

・表紙が不破尚悪魔バージョン。
・・・・・。まだ敦賀氏でさえカラーでピンの表紙になっていないのに!!おのれはああああ!!!!

・総扉がポチリ(天使バージョン)
7巻と8巻に登場するポチリこと七倉美森ですね。だからー!なんでキョーコちゃんじゃないんだ!

・キョーコに対して初の神々スマイルを発動。
き・・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
キョーコが蓮のセリフの練習に付き合った時に蓮はキョーコの成長ぶりに驚きます。不破尚の復讐のための演技かと思いきや「楽しかった」とか「最上キョーコを作るため」などと不破尚との事を抜きにして演技の勉強をしている事をキョーコの口から聞いたら・・・!!!!
キラキラキュララスマイルが!!キョーコも思わずあんぐり!!
いやー、よっぽど嬉しかったんだね!自分自身の為に演技の勉強をしている事が!!!
でもここでなんで嬉しかったのかが本人もわかっていないのが淋しい限りですが。
ここからいよいよ蓮のキョーコに対する態度が変わってくるのでかなーり重要度が高いシーンです。

・「お嬢さん、そんな所で寝ていると風邪をひきますよ」ちょいちょい
こ、これも・・・!!!試験勉強してて思わずうたた寝。しかもお泊り2日目っすよ!!!いくら仕事とはいえ若いオトコの家にお泊りするなんてなかなか大胆な事をしてくれますな!!
で、転寝を起こす敦賀氏ですが、ゲストルームじゃなくていっそ貴方のベッドで寝せてあげなさい!!と言わずにはいられないのは私が蓮キョバカだからです。でも当時本誌で読んでた時はそんな事全く考えていなかったんで・・・いかにはまり込んだかがわかりますよね(汗)

・「全教科100点取らなきゃいけないみたいだ」
キョーコにとって魔法の呪文です。読者からしてみれば蓮=コーンは暗黙の了解なのですが、キョーコにとって蓮の存在は自分の心を解き放つ存在なのかな、とここを読み返して思った次第です。
で、この後のやりとりがかなり好き。お風呂を勧める蓮に恥じらいを見せるキョーコですが、入浴シーンを覗いてみたり乱入したり?の後のメリケンジェスチャーにキョーコはムカッ!!!
しかし、蓮キョバカの私としてはどーぞ入浴シーンをのぞいてみたり乱入したってくださいっ!!!と言わずにはいられない。しかし、やっぱり当時はそんな事考えてはいませんでした(笑)

・怨キョを操りケッタを盗んで二人乗り。
仕事に遅れたら無遅刻無欠席の輝かしい記録が破られる。そんなのは絶対イヤなキョーコが渋滞にはまったタクシーを降りた後霊感少年から怨キョを使ってヘンなデザインの自転車を奪います。
そして二人で仲良く二ケツ。(って言わない?二人乗りの事・・・)
ぶっちゃけ自転車をこぐのは蓮であって欲しいけど・・・蓮は自転車似合わないなあ・・・。
なんとかファンを撒いて仕事に無事行けたので蓮はラブミースタンプ(なんだか懐かしいぞ)100点押印を決意します。
さっさと押してあげればよかったのに・・・。

・キュララのCM
いよいよ公開されたキュララのCM。モー子さんがかなり美しくキョーコちゃんはかなり可愛らしくなっております!!!
私的には学校で撮影したシーンとか花をモー子さんに降らせるシーンとかをどうやって黒潮さんが使ったのかが気になりますね。
しかしキョーコの知り合いはよかったよと言ってくれるものの実際の評価は「芸能人としての華がない」なのでそういう言葉を聞くと無性に腹が立って鬼のような形相で歩いてます(汗)
それにしても制服かわいいのう・・・。この辺りで美森が初登場してきます。キョーコをいぢめてますが、本人いたくもかゆくもありません。しかももっとジャブを効かせろとまで・・・(涙)

・芸能界一いいオトコからの突撃生電話
なんかねー・・・蓮がキョーコに電話してるっていうシチュだけでもうおなかいっぱいになっている自分がいます(汗)
代マネしてからなかなか会えずにいた二人ですが、ようやくTBMでランデブーできました。敦賀蓮、ランの花をしょって登場。

・「よく似合ってるよ、その制服・・・」
見ておきたかった(ココ重要)キョーコの制服姿に対して言った言葉。思わず隣にいた社さんも照れてますね。キョーコに対して褒め言葉を自然に言っている辺り、蓮が変わったのは明らか。しかもその後にキョーコが蓮の言葉がなかったらダメだったと礼を述べていた時に見せていた蓮の表情が・・・表情が!!!!社さん驚愕の神々スマイル!!!
しかーし!その後がいけなかったんだよな・・・・。はああ。

・「最上さん」
敦賀蓮、初名前呼び。(6巻の『キョーコちゃん』はノーカウント)でも色気がない・・・。松内瑠璃子でも「瑠璃子ちゃん」だったのにさ・・・。どうよ。
更にスタンプはキョーコの自己満足発言により-10点だしな・・・。

・キョーコと奏江に不破尚の新曲のPV出演依頼。思いっきり断るが奏江の踏み台発言に方向転換。
モー子さんってキョーコをさりげなく煽ってる。モー子さんはドラマの仕事を獲得したのでPVは辞退。うーん、モー子さんの天使、どんなだろうなー。

・久々に不破尚登場。キュララのCMを観てもしやキョーコでは?と疑う。
ミルキちゃん初登場。まさかこの人が「DARK MOON」編の1つのキーになるとはこの時点では想像してませんでした。
そして相変わらず美女二人の前ではクールを装う尚。かっこつけももう飽きてきた(爆)

・仕事着はやはりピンクツナギ。
別にデートに行くわけじゃないのに何鏡の前でポーズとってるのよ・・・。
だるまや夫婦に勘違いされて・・・・結局あのピンクツナギでクイーンレコードに参上。すんごい渦まいてますけど(汗)

・受付嬢は役立たず。
間違った部屋に通されて30分待ちぼうけをくらったキョーコを迎えにいったのは「京子」がキョーコかどうかを確認するためにわざわざ出向いた不破尚ご本人。
そしてキョーコの華麗なるギャルぶりに唖然。不破っち・・・・やべっちみたい(違)

・「不破となんか会わなきゃいいんだ」
初嫉妬(笑)敦賀氏のこんな切ない(?)思いをヨソに当の本人たちは再会を果たしてしまいましたがね・・・。さりげなく「なんか」を強調してみました。不破尚に対して明らかに不快を示しています。いい傾向になりつつありますねー。
それにしても空港での社さんとのやりとりがいいですよね。蓮にキョーコ関係でいろいろツッコミをするのはここからが本領発揮かな。
社さんもしっかりチェックしてますよね・・・。蓮のキョーコを見る目が優しくなったのをいち早く気づくのはやはり四六時中側にいるからでしょうね。この調子でガンガン突っ込んでもらいたいものですね。

・ポチリ再び。
クラスメートの七倉美森にばったり。一緒にPVを出演する事になる。しかも尚にぞっこんのようで、かつての自分を見ているかのようで気分が悪い・・・というか哀れんでるみたいですね。
そして敦賀氏を「顔だけ俳優」とののしる!許すマジ!!お前なんてポチリで十分!!(ファンの方すみません)
キョーコはその言葉を聞いて自分もそういえば言ってた・・・と反省してます。ヨシヨシ。

・卵焼きは甘くない方がいい。
ポチリが尚のために作ってきたお弁当に甘い卵焼きが入っていたのに気づいたキョーコは自分のお弁当についていた塩を黙って投げる。それを機に「京子=キョーコ」の図式が尚の頭に出来上がりつつあります。
しかし、手作り弁当の中の卵焼きをこっそり捨てるたあ・・・ひどい男だ、不破松太郎。

・正体バレちゃった。
ポチリがメイクされているのをほけーっと観ているキョーコ。そして悪魔のコスプレの不破尚が入ってきて、何かたくらんでます。
キョーコにスワンの形をした化粧品のビンをちらつかせて「オデット!」と言わせる確信犯・不破尚。
でもさ・・・長年一緒に過ごしてきた幼馴染の顔が一発でわからないなんておかしいよねー。髪の色が違うだけなのに。

・いよいよ登場、天使キョーコ。
スタッフ、出演者がどよめくのも無理はない。天使というよりは女神様です。キレイです!!尚見惚れてます!
見惚れなくてヨロシイ(コラ)。
で、その素敵女神天使なキョーコちゃんはあろう事が悪魔不破尚のスネに思い切りケリを入れます。そして胸倉を掴んですごい形相で「私のココが壊れた痛みはこんなもんじゃない」と脅迫。更に「今までの純粋無垢な私はもうどこにもいない」と断言。ブラック天使のキョーコ発動。尚ちょっと引き気味。でも素敵よ・・・キョーコちゃんvv

・アイコンタクト
うがー!!!今の本誌展開での敦賀氏がコレを見たなら大魔王確実でしょう!!
早く敦賀氏とアイコンタクト取れるくらいの親密な仲になってほしいわん。

・キョーコちゃん、顔、顔っ!!
「相変わらず女に嫌われるヤツだなー」という失礼発言を受けてキョーコが見せた表情がナイス。アゴがハズレそうですよ。天使なんだからもっとおしとやかにしようよ。
でも、黙って立っていれば天使だしねえ。
美森のワガママぶりには呆れましたがそれに対して平気というか大丈夫なキョーコは芸能人としての資格は大いにあると思うのであります。

・そして天使が・・・
美森との楽しいひとときのシーンは尚を見惚れさせるに十分ですがやっぱりキレイだのう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする