スキップ・ビート! 6巻 ネタバレ 最新刊まで

少女漫画 スキップ・ビート! ネタバレ 6巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったスキップ・ビート!をネタバレ!

少女漫画 スキップ・ビート! ネタバレ

スキップ・ビート!の概要

主人公の最上キョーコは生活費を稼ぐため
日々バイト生活を頑張っていて同居していた不破尚が
念願かなって、ミュージシャンになれ人気バンドとなることが
できたが…
不破尚はキョーコを雑用係として利用していたことが後で
知ることになり 怒ったキョーコは別れ、自分が有名になってやろう!
ということで芸能界に入ることで復讐すると心に誓う物語。
現時点では40巻まで販売されている超ロング作品です。

スキップ・ビート! 漫画を無料でネタバレ 6巻

表紙が初の蓮キョです!!胸はだけはお約束ですか??

今回は最初だだーっと話の展開を書いていってたんですが、あまりに長すぎて収集がつかなくなってきましたので、要点だけ絞ります。
だってこれは蓮キョスキーにとってのバイブルですから!!

まずはキュララ編エピローグ。
・キョーコと奏江は繁華街をピンクつなぎで堂々と歩いていてもう慣れてしまったのね。
・・・・・だって、あんなにいやがってたのにね。2人いると大丈夫なのか、耐性がついたのか・・・。目立とうと意識しているのか。全部あてはまりそうだけどねvv

・高園寺絵梨花のあまりのしぶとさに失笑。
ジュエル隊のそれぞれが思うところのヤンキーファッションは笑いました。私はルビー北条がお気に入りですv

・CM撮影が終って蓮が見に来ていた事をマリアから知らされ、自分が直接CMの仕事を取れたと報告したかったのにそれができなくて残念に思った瞬間。
これ・・・!やっぱキョーコってば心の奥底で蓮の事を少なからず思ってると思いましたよ?それなのに2005年の夏の展開では微塵にもそんな気持ちが感じられなくて・・・ショック・・・。展開が変わってしまったんだろうか・・・と思わずにはいられないです。

・代理マネージャー2日目で仕事終了後ホテルのロビーでファンに取り囲まれている蓮を本当なら守らないといけないのに反対に守られているシーン。
これもいいですねえ。思わず抱きしめられて(片手だけど)どきっとなっているキョーコがめちゃかわいいですvv

・蓮とキョーコがファミレスで仲良く目玉焼きのせハンバーグを食べているところv
ここ大好きですー。ハンバーグ王国を思い出して笑っている蓮も楽しいし、キョーコが「おいしいですから」と答えた後の蓮の素の微笑み!スキビバトンでも答えたくらい好きな表情ですv
この目玉焼きのせハンバーグはオフ会の重要アイテムとなりました。でもそろそろ次のアイテムがほしいねえ(笑)

・蓮とキョーコが風邪だ風邪じゃないと問答を繰り返すシーン。
蓮のヘリクツがおかしいです。まあ生まれてから一度も風邪をひいてないこと自体が奇跡ですがね。多分覚えてないだけだと思うよ。だって赤ちゃんの頃のカウントはできないじゃん(笑)

・「プロ失格ですね」と言われた直後の蓮の反応。
まあ、確かに食事がぞんざいだというのはダメなんですがね。身体を鍛えているとはいえ外側だけじゃだめってことです。キョーコがそれを教えてくれて食事を摂ってくれるようになっていてほしいんですが。(あくまでも蓮キョビジョンでしか見てないです(笑))
それにしてもショック受けすぎです。俺はおしまいだなんて・・・ひどいわっ。これからなのに!

・キョーコが蓮が自分にいぢわるする理由をようやく悟るところ。
蓮がショータローへの復讐の為に芸能界に入った事を怒っているんだと初めてキョーコが理解しました。ショータローの復讐の為に演技の勉強をしていることにも怒ってます。や・き・も・ちvvと思っていいよね???(しつこいですがあくまでも蓮キョビジョンですv)
蓮が仕事に対してすっごい神経質で厳しいから、というのは表向きの理由だと私は思いますが???

・熱があるのに雨のシーンを何度も撮影する蓮
色っぽーいvv病人なのにな・・・。そしてNGを出してしまっている由美子さんにアドバイスして素敵に微笑んでいる蓮を見てキョーコが「私にはそんな事絶対言わないだろうな・・・」と偏見を持ってしまってるあたりが・・・イタイ・・・。
「私以外にはそんな優しいんだ」とちょっとヤキモチ入ってるキョーコ!!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思いきや、かえってひねくれてしまいました・・・。更に復讐に燃える女と化しました。残念。
本当に温和な蓮でよかったね、と回りは言ってますけど、現在展開中の「帝王」だったらめっちゃ怖いんだろうな・・・・。ふふふ。

・控え室でキョーコを下敷きにしてぶっ倒れている蓮。
きたきたきた!!きましたよ!!!
意識がないのが非常に残念なこのシチュエーション!!顔が・・・近いーーーー!!!蓮の耳元で「敦賀さんしっかりしてください」と言っているわっ!!!そしてそっと首に触るキョーコ!!熱で苦しんでいる色っぽい蓮!!(笑)全てが萌え!!
キョーコは一生懸命脱出しようとしてますけど、動いたせいでキョーコの胸元付近に蓮の頭が・・・・vvvあああ、これで意識があったのなら!!・・・・キョーコがそんなシチュを許すはずもないか・・・残念!

・キョーコが怒りにまかせて言ったセリフに反応する蓮
「だから・・・焦るなと言っている。どうせ誰も俺からは逃げられない。」
役になり切っているとはいえキョーコ相手にこうくるか!!!なセリフです。もう逃げられなくさせてしまえと思ったのは私だけですか?
この蓮の行動に金縛りにあったみたいに動けないでいるキョーコ。まるで夜の帝王初お目見えの時のようですよねv
これで本当にキョーコへの思いがあるのならば・・・!!くう、非常に悔やまれるな。

・蓮が心置きなく仕事できるよう万全を期すために買物をしてきたキョーコ。
冷えピタや看病用品をかき集めてタクシーで広げるキョーコを見て、蓮はなんでここまでキライな自分に対して一生懸命になれるんだろうと不思議に思ってますね。そういえば昔からキョーコは何事にも一生懸命だという事を思い出すわけですが・・・。ちょっとこれで見直したのかしらね。自分の為にここまで一所懸命になってくれるとは思ってなかったようです。もう、素直に喜べばいいのにね!ってこの頃はまだ蓮はキョーコの事をなんとも思ってないからなー・・・・。淋しいなあ。いくらシチュは蓮キョでも気持ちが入ってないっ!!!

・「ありがとう・・・・キョーコちゃん」
熱でうなされてる蓮がキョーコに向かって初めて「キョーコちゃん」と呼んだシーン。これはコーンが蓮だという決定的証拠ですよね。普段「君」としか呼ばれていなかったキョーコが突然「キョーコちゃん」と言われたら焦ります。そのお陰で何時間もの間フリーズしてたんですから(ちょっとショック受けすぎだよね)。でもこの「キョーコちゃん」は夢に出てきた昔のキョーコに対して呼んだんだと思うんで・・・。まあ同じキョーコだとわかってるからこそ口から出てきたと思うけど。
で、キョーコは蓮は自分がショータローへの復讐をあきらめない限り優しい表情で名前を呼んでくれる事はないし、呼ばれたいわけでもない・・・と完結させてしまってますが・・・。優しく呼んでもらってよ(汗)もうちょっと前向きにいこうよ、キョーコちゃん・・・。

・敦賀家の朝の風景
お泊りしちゃったのねv徹夜で看病のオプションつきだが・・・。朝キョーコがいることによって自分がどんな状態だったかがわかった蓮は前日よりは体調がよくなったようですね。キョーコは朝から勉強しながら朝食作り。一緒にゴハンまで食べてます。これで・・・気持ちが入っていたのならば!!!もっと展開よかったのになあ・・・。
そして着替えもキョーコがしてくれたと思って照れる蓮もかわいいです。実際は違ってたんですがね。超人的なワザで部屋への帰還と着替えをしたみたいですから。これで蓮キョ展開だったら・・・・鼻血が・・っ!!
キョーコが台所へと去った後に飲んだ野菜スープが美味しくて思わずため息を出す蓮もいいですね。自分の為になんでここまでやってくれるのか・・・。毒を盛られてもおかしくないくらい意地悪してきたのに・・・とか?だったら意地悪すんな(笑)

・「俺が嫌いか・・・?」
ちょっと前後しますが、その言葉にフリーズするキョーコがかわいかったです。ここで答えられなかった理由は7巻で出てくるんですけど、キライだったらここですぐにキライって言いますよね。
お互い自分の事はキライなんだって思ってるあたりがややこしい・・・。キライキライも好きのうちだと思いたいな。

・最終回の台本を読みながらキョーコの事を考える蓮
台本が頭に入らないのは常にキョーコの事を思い浮かべているからです。キッパリ!!
昔のキョーコとあまり変わっていないのはわかっているみたいですね。キライなモノの程激しく闘志を燃やすタイプのようなので、嫌いな蓮に対しても裏切られた尚に対しても一心不乱になるんじゃないかと思っている。もうちょっとさー・・・素直に看病してもらおうよ(汗)
「でももっと自分の為に演技の勉強をするのであれば、俺も少しは・・・・・」
の少しの後はどうなるのかね?見直すのか、好きになるのか。どっちだ!!まあ本人がわかっていないのでスルー。

・キョーコの台本読みに驚愕する蓮
まだ演技の勉強をして半年もたたないキョーコの演技力の高さに愕然となってます。本当にこれが復讐の為に身につけたものなのか?と驚く蓮・・・で終わり。
すごいなー、キョーコの記憶力。パラパラめくってただけだよね?モー子さん並みの記憶力かと思ったぞ。

以上、こんなところでしょうかね。ああ、こうやって書くとラクかもしれないね。これからはそうしようっと。さ、7巻だ。いよいよPV編ですね。
その前に代マネ編のエピローグもあります。そっちの方がいいなあvv
とにかくこの巻は萌えエピソードが炸裂しまくりです。蓮キョシーンが多すぎ。そりゃそーだ。マネージャーとして一緒にいるんだからね。
陰口もたたかれつつよく頑張ったです。蓮はキョーコがそういう陰口を言われているのを知ってるのかなー。知ってて無視してそうな気がする。
この6巻の展開が蓮キョラブラブモードだったら激しい内容になっていただろうに。脳内変換が・・・追いつかないわ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする