少女漫画 アオハライド ネタバレ 11巻 漫画☆

少女漫画 アオハライド ネタバレ 11巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったアオハライドをネタバレ!

少女漫画 アオハライド ネタバレ

アオハライドの概要

咲坂伊緒先生原作の漫画で別マで2011年ちょうど東北の震災があった年に
連載されました。
ちなみにこのタイトルの意味は、
青春をそのまま、アオイハル=アオハルと読んだだけです。
青春に乗っかろう という意味です。

良かれと思ってやっていることでいじめられたり
なかなかうまくいかない高校生活を思い描いています。

アオハライド 漫画を無料でネタバレ 11巻

ハウステンボスにやってきた双葉ですが、

洸がハウステンボスから外へ出て行くところを見てしまいます。

引き止めようとする双葉ですが、結局いっしょに外へ出てしまいます。

洸の友達代表として。

修学旅行先の長崎は、洸が中学校の時に転校してきた土地です。

数年間、長崎で過ごし、また戻る洸ですが、

洸の長崎での生活を知る手がかりを得たい双葉。

しかし、今付き合っている彼に黙って出てきたことも事実。

あとから説明しないといけません。

長崎の駅や町並み、病院など洸にとっては、そんなに遠い過去ではなく、

つい最近までいた土地での苦い記憶が蘇ってきます。

母が入院していた病院では、

消毒の匂いに母ではなく、保健室での双葉のことを思い出すと洸は言います。

そして、通っていた中学校にも二人で行きます。

転校してきた時、成海唯がおなじクラスだったことを洸は話します。

洸は双葉とともに母の眠る墓地で墓参り。

自由時間の間、洸は自分が当時とは変わっている、当時のような感情的な自分ではないことに

われながら驚きます。

自分の成長を実感した自由時間でした。

そして、母にこれまで心配をかけたことを報告。

帰りのバスで眠ってしまった双葉にそっと口づけします。

冬馬に申し訳なくて

友達代表としての時間は終わり、みんなと合流する双葉と洸。

双葉は、このことを冬馬に報告しようとしますが、

冬馬に会ってもなかなか言えません。

そのうち、頭が痛くなり、風邪の症状で寝こむ双葉。

冬馬の看病を申し訳なく思います。

洸との時間のことは冬馬に言えなかったのですが、

すでに冬馬は双葉が洸とふたりで出かけたことを知っていました。

一方の洸は、修子の前で、

双葉を奪いに行くと言い放ちます。

双葉は、冬馬が自由時間のことをすでに知っていることがわかり、

冬馬に悪いことをしてしまったと思い悩みます。

電話をかけて冬馬に謝るつもりでしたが、

地面に置いておいたバッグをスリに盗まれます。

そのバッグには冬馬と二人おそろいのストラップが入っていて、

スリを追いかけます。

双葉が走って行くのを目撃した修子ら。

スリを発見した双葉は、片方の靴をスリにぶつけます。

怒ったスリは逆に双葉を追いかけはじめます。

逃げる立場になった双葉は隠れて、

連絡しようとしますが、ケータイはバッテリー切れ。

体調がふたたび悪くなり、こうなったのも

自業自得と自分を責めているところに

声をかけたのが洸でした。

双葉はこの時、冬馬が自分を見つけてくれればと願っていました。

でも、おれが見つけたと洸は言います。

洸は発熱でフラフラの双葉を宿泊先のホテルへ連れ帰ります。

クラスメートたちに連絡しつつ、看病をする洸ですが、

双葉が、冬馬とお揃いのストラップを取り戻せなかったことを知り、

再び出かけていきます。

冬馬と洸が火花を散らす

双葉を心配する冬馬は、

早く熱が下がってほしいと願うと同時に、

ストラップを取り戻すために双葉が走り回ったことに心を動かされます。

そして、双葉を信じる気持ちが湧いてきます。

洸は双葉のバッグを見つけてきました。

それを冬馬に差し出しました。

そして冬馬に宣戦布告します。

「それを決めるのは吉岡だから」

ベッドの中で双葉は、

冬馬に対する思いで頭がいっぱいになります。

ただ、その感情は、冬馬に黙って、洸と出かけてしまったことを

申し訳ないという思いが強く、

なにかすっきりしないものでした。

このままではいけないと思った双葉は、

冬馬と会って、まだ洸のことが頭から離れないことを話します。

それでも、これからは隠し事なく、

冬馬と接したいと強く願う双葉でした。

冬馬のほうも双葉の影にいる洸の存在を意識してしまい、

できれば、この話題には触れたくない気持ちが強かったのですが、

今まで以上にお互いがより話すようにしようと思います。

とりあえず、関係が修復する双葉と冬馬。

一方、洸は成海唯と会うことに・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする