ブラックバード/BLACK BIRD ネタバレ 16巻 漫画・無料

少女漫画 ブラックバード ネタバレ 16巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったブラックバードをネタバレ!

少女漫画 ネタバレ

ブラックバードの概要

blackbirdは桜小路かのこ先生による
ベツコミに2006年から掲載されていた
漫画です。
しかもこの漫画はいくつかの賞も受賞していて
発行部数350万部も記録している
ヒット作です。

ブラックバード ネタバレ 16巻

本を読んでる忠信さん。するとばたばた。「―やぁ 着たね」。
立っていたのは真っ青で震える匡。「なぜ黙ってた!?」
意地悪した訳ではありません。匡が実沙緒を愛しているのを知っていて、でも親友当主である匡を思って黙っていたのです。忠信さんは匡が大事なんですね。子供を作ろうとしない当主なんて許されませんから。
ただし、仙果録はただの記録であって、それ以上でも以下でもありません。たとえ今の所全て記述通りであっても。忠信さんもずっと仙果が生き延びる道を探してくれていましたが、なんせ記述自体が少なすぎて見つけるのは難しいと。匡を諭そうとする忠信さんですが…匡の顔。すごい顔。

これまたすんごい顔で匡「―堕ろせ」
この人はなにより実沙緒一番ですからね。実沙緒引き摺って始末するんだからって。怖いよ。相模かっこいい。この世界は自分の命より「一族」だね。みんな必死で生きてる。匡は違うけどw
「なんのために俺は当主になった!?お前だ!お前を自分の物にするために俺は何人葬ったんだ!」

夜抜け出す2人。権助君(白蛇)の屋敷に突撃。この家は結界変わりに毒を撒いてるので墜落。
(挿絵が和やか~太郎ちゃんが丹精した花を摘んじゃう三郎w)
訳を話し、堕胎薬を調合してくれと頼むが、誰にとっても仙果は未知の存在。権助君…いい子だね。実沙緒のこと思ってくれてる。妖(しかも当主か次期当主)とは思えない性格。権助君いい子すぎてせつないなぁ。

森の中でざざーっと八大が降りてくるシーンかっこいい!子供まじってるけどw八大ではあの毒の中つっこめなかったそう。気付かないでつっこんで墜落って匡焦りすぎ。暴れる匡。相模かっこいい。かっこいいよー。名前で読んじゃうのか。(相模は役職名)

ちなみに八天狗は作者の作り話ではなく、実在そのままです。四十八天狗verもあります。相模って神奈川のではなく、「白峯山の相模坊(香川)」のこと。弟伯耆が「相模大山の伯耆坊(神奈川)」ですね。三つ子ちゃんも本名ではなく役職名なんですねー。

匡が思い出す幼い頃の実沙緒。「実沙緒を失うために手に入れたのか」「そのために俺は10年もの間…」匡の顔恐ろしい実沙緒にこんな顔向けるなんて。

(話の最初のページの挿絵、いつもつながってるんだよね三郎ちゃんは花を三つ子の妹にあげたかったのね。追いかける太郎ちゃん)
あやめさんー!お世話係にやってきました。しょっぱなから笑えた。お世話係がついてた人w
そもそも仙果を娶った例自体が少ないのです。1巻早々に「大抵は喰われて終わり」と言われてましたが、その通りで。100年前200年前は喰われて終わり。300年前が葛葉の仙果です。運よく嫁に出来た一族も、その詳細は決して外には漏らさない。葛葉の仙果録だって、結末知れたのは最近ですもんね。

匡の悪夢ギャー!ぐろい!ぐろいよー。あやめさん出てくるとほっこりする。書物の中で疲れて寝てる匡にキスする実沙緒。 「やめろ!!もしかしておまえ、夜寝ている間もこうやって俺にエナジーを与えていたのか?」これ、キーワードです。

実沙緒の誕生日。(挿絵♪勝手に手折ったこと親に怒られる三郎の後ろから、もっと持ってくる次郎w)その前日が再開の日。三つ子とあやめさんがはりきって、束の間のほっこりシーン合間合間のほっこりシーンが大好き
妊娠が進むにつれて、妖を誘う香りが強くなる実沙緒。葛葉の時もそうだったようです(妊娠中も止まらなかったそうでwそこらへんの笑えるやりとりもあり)なぜ?16巻ラストは「実沙緒が生き延びる手段は実沙緒自身の中にあるのかもしれない―」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする