女王の花 ネタバレ 13巻 漫画・無料

少女漫画 女王の花 ネタバレ 13巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった女王の花をネタバレ!

少女漫画 ネタバレ

女王の花の概要

女王の花は和泉かねよし先生の二つ目の作品で
1つ目はヒット作『二の姫の物語』です
亜国の姫と奴隷の少年が出会った
二人の絆は強くなるが…

女王の花 ネタバレ 13巻

毎巻印象的な冒頭の独白シーンで、今回はついに後ろ手に縛られている女性が描かれているのが、物語の不穏さを醸し出しています。

本編はまず、土姫との最終決戦を前に細作・蛇波流が亜姫のもとから離れます。円満退職でなによりです。

亜姫が最後に蛇波流に何かを頼むのですが、一体何を頼んだのか・・・。気になります。

薄星に生きていてもらいたい亜姫は、戦地から遠ざけようと冷たくあたるのですが薄星は全然めげずに亜姫の側で戦い続けることを選択します。

亜姫がいくら言ったところで、幼い頃から一緒にいる二人だからお互い手の内も分かっているしそりゃ堪えませんよね。

土姫との戦いは、危なっかしい作を用いながらも初戦は亜姫が勝利。

かけるものが自分の首しかないというのは、持たざるものの悲哀を感じさせます。

亜姫を心配する薄星に、再度ここから立ち去って欲しいと話す亜姫。

確かに自分では亜姫を守り切れないと分かっているけれど再認識した薄星は、なりゆきで商売女に手を出します。

その現場を目にしてしまった亜姫はショックを受けます。

自分から離れろと言いながら、相手が他の人の側にいると許せない。

わかっていても辛いところですね。そういうことには相変わらずピュアな亜姫です。

ここで同じ目線で慰めてくれる光が素晴らしい!

かつて光も白ちゃんと似たような状況だったし、手に取るように分かるのでしょうね。

そして小娘にしてやられたまま黙っている土姫なわけがなく、あっさりと反撃に出ます。

ついに策で土姫に負ける亜姫。

これまではつまずきながらも己の才と運で助けを得て、策でのし上がってきたのに、ここにきてついに暗雲が。

土姫に負けたことで、軍の士気はガタ落ち。

立て直しに頭が痛い亜姫ですが、さらに恐ろしいことに旦のもとに土姫の側近、高諷があらわれて・・・。

旦のことだから亜姫にプラスとなるのかマイナスとなるのかかなり不安ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする