女王の花 ネタバレ 6巻 漫画・無料

少女漫画 女王の花 ネタバレ 6巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった女王の花をネタバレ!

少女漫画 ネタバレ

女王の花の概要

女王の花は和泉かねよし先生の二つ目の作品で
1つ目はヒット作『二の姫の物語』です
亜国の姫と奴隷の少年が出会った
二人の絆は強くなるが…

女王の花 ネタバレ 6巻

前巻で起きた土妃の反乱によって事態は大きく動きます。
亜王は追い詰められ、青徹も・・・。
そしてそんな状況で見せた
青徹の最後の想いが強く印象に残りました。

土妃のクーデターは完全に成功しています。
亜王はもう殺されるのを待つのみ。
しかしまずその亜王がかっこよかった。
この状況でも威厳を失うことなく土妃の愚かさを堂々と語ったんです。
あれは見事な最後でした。

そしてもちろん青徹もすばらしかった。
もう瀕死で、立ち上がることすらできないのに、
亜姫を守るために最後の力を振り絞って、
土妃に一矢報いました。
あの笑顔、そして”永遠の忠節を捧げる”というあの最後の言葉・・・。
そして、
“君は俺の宝物だ”

今回はもう青徹の亜姫への想いを、
これ以上ないくらい強く感じました。

そんな青徹がいなくなってしまったのは本当に惜しい。
王もそうですが良い人物が退場してしまうのは残念です。

でもきっとこの先もいっぱいあるはずなんですよ。
亜姫が王になるためには血が流れるのは避けられない。
そして亜姫もそれを悟って苦悩します。

多くの犠牲に支えられて王になるということは、
その支えてくれた人たちの為の王とならなければなりません。
つまり自分がどうしたい、誰といたい、ではなく、
個人を捨ててでも、理想的な王という役目に徹しなければならない。
それは孤独で辛い役目ですよね。

しかも多くの人たちが既に自分のために犠牲になっている。
その人達の想いを裏切ることはできない。
だから逃げ出すこともできない。

こうして亜姫は王という重責に潰されそうになってしまいます。
しかしそれを救ったのが薄星。

「国も 天命も 誰がどう思うか ンなもん関係ない。あんたはどうしたいの?」

亜姫に言うんですよ。
「あんたは選べるんだよ」って。

やろうと思えば今からただの女の子としてだって生きられる。
自分が一緒に逃げてやる。
だから自分で行きたい道を選べばいいんだ。
そう言ってくれるんです。

もちろん亜姫は逃げません。ちゃんと選びます。
やらなきゃいけない、じゃなくて、自分のやりたい道を。
この亜姫の決意もかっこよかった。
でもそれを悟ることができたのは薄星のおかげ。
やっぱり亜姫には薄星が欠かせません。
でも今回のラストは・・・。

というわけで今回は切なさや苦しさでいっぱいでしたが、
物語としてはすばらしい出来でした。
そして最後!
続きがすごく気になります。
どうなるんだろう・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする