これは恋のはなし ネタバレ 11巻 結末と最終回に期待!!

少女漫画 これは恋のはなし ネタバレ 11巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったこれは恋のはなしをネタバレ!

少女漫画 ネタバレ

これは恋のはなしの概要

チカ先生原作でARIAに掲載されていたマンガです。
小説家がスランプ中でそんなときに
少女の「遥」を見ていると
書きたいことがどんどんわいてくることに
気づき…
歳の差がかなりあるのですが
この小説家と少女の間に恋愛は成り立つのか!?

これは恋のはなし ネタバレ 11巻

「真一には遥に応えることが出来ない
 真一が遥に何もしないのはその程度の気持ちだってことだ」

そんな杉田の言葉に反論出来ない真一、
そして戸惑いを見せる遥・・・
そんな折り、突然遥の母親が家に帰ってくる。
病院から出てこれないはずなのに、なぜ・・・?!
最初は杉田と三人で穏便に済んでいたものの、
母親の真意がわかるにつれて自体は一変。
ようは母親は、遥に心中して欲しいと迫る訳です・・・
これには杉田も抗うものの、そこはさすがに高校生の男の子。
いかんともしがたくなってしまう。

そこにやってきた真一!
ここはこれまで杉田に言われっぱなしでしっかりしろよ!
と思っていた部分がスッとするような男らしい場面でした
「遥のこと・・・俺は愛しています」
これは真一がずっと言えずにいた本心。
しかし遥の母親を止めるには、自分の本心で遥が必要だと訴えるしかない。
かたや母は気づけば自分を見失い、遥であろうが誰であろうが良いような、
道ずれにさえ出来れば誰でも良いというようになってしまっていた。
そんな事実に気づき、泣き崩れる母だが、そこに丁度父が駆けつけ、
家族三人で体を寄せ合い泣き崩れる・・・
ここ、凄く良いシーンでした。
遥達の家族の時間が動きだしただけだ、
そう告げる真一の格好良さはこれまでで一番でしたね。。。

さすがの杉田もこの場面を目の当たりにしては
男として、そして子供と大人の差を感じさせられてしまって、
なんていうか折角のチャンスを失ってしまった感じでしたね。。。
そしてその後の真一と遥は・・・

自分の本心を告げたとしても二人の関係は変わらない。
遥が初めて真一の所の来た時から変わらない。
何故なら、それが二人の関係なのだから・・・
そして最後。最終話で二人は・・・

と言う訳で。
いやぁ、なんとももどかしい関係が続いたふたりでした。
めぞん一刻や夢で逢えたら辺りの作品が大好きな自分ですが、
この作品は歳の差恋愛ものということもあり
かなり気になっていました。
完結は残念ですが、キレイにまとまったということで読了後の感覚は凄く良いですね。
いやぁ、凄く良い作品でした・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする