一週間フレンズ。 6巻 ネタバレ 漫画

少女漫画 一週間フレンズ。 ネタバレ 6巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった一週間フレンズ。をネタバレ!

少女漫画 一週間フレンズ。 ネタバレ

一週間フレンズ。の概要

葉月抹茶先生による漫画で2011年に読み切り漫画として掲載
されたのがきっかけとなりブレークし2015年まで連載されました
記憶を1週間でなくす病気があるので
1週間フレンズというタイトルです…

一週間フレンズ。 漫画を無料でネタバレ 6巻

香織の家でクリスマスパーティーをすることになって九条、沙希、桐生の5人で集まる

香織と九条がうまくいって記憶が戻るまでの間変わらずに友達でいようって決めていた長谷

-だけど こればっかりは -と1日に誕生日だったことを知り香織の家から飛び出すプレゼントを買ってきた

戻ってきたときにはすでに皆帰っていて香織と二人きりになるが素直に喜べない長谷

「よいお年を」とだけ言い残し冬休みは約束せずに別れた

三学期に入り九条の兄充が現れる

九条が小学生の頃好きだった幼馴染(香織)の話をする充

引っ越すときに香織を呼び出したけど来なかったことを聞いた充は香織を見かけたと。

「たぶん 幼馴染ちゃん 近くまで来てたよ?」

兄から香織が来ていたことを知った九条は長谷のところへ行く

「香織が記憶をなくす原因を作ったのは俺かもしれない」

香織を待っていたところへ兄の充が来て「その子のことをからかってあげるよ」と

それをー(はじめ)が助ければ香織にとってはヒーローになると言われたが断った

でもその話を途中だけ聞いていたとしたらーと話す九条

それが本当なら香織は九条に恐怖感を覚えているはずで九条もまた苦しんでいる

そう思った長谷は香織の笑顔のために「もう俺は何からも逃げたりはしない」と誓う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする