狼陛下の花嫁 無料でネタバレ 12巻 最新刊はどうなる!?

少女漫画 狼陛下の花嫁 ネタバレ 12巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった狼陛下の花嫁をネタバレ!

少女漫画 狼陛下の花嫁 ネタバレ

狼陛下の花嫁の概要

可歌まと先生原作2009年に読み切りマンガとして出版され
大ヒットしたのでその年に継続連載となりました。
下流役人の娘の「夕鈴」が知人から割の良い仕事を紹介され
その驚愕の内容とは!?

狼陛下の花嫁 漫画を無料でネタバレ 12巻

周宰相が訪ねてきたところで終わった前巻。

とりあえず家の中で話すことになったわけですが
周宰相、夕鈴が臨時花嫁であることを最初から知っていたのか!
でもよくよく考えれば宰相が知っていてもおかしくないんだよね。
で、周宰相が夕鈴のところに来た理由ですが
夕鈴が後宮から離れたことで王宮で新たな勢力争いが起こり始め
それに夕鈴が巻き込まれる可能性があるから
一時的に夕鈴を王都から遠ざけて身を隠してもらうよう
陛下から直接命じられて話しに来たということだったのですが。

夕鈴、このことがきっかけで覚悟が決まったようです。
何も知らないまま、ただただ陛下に守られるのではなく

「後宮の中じゃ あの人が見せてくれるものしか見えなかった
 …けど 今はもう妃じゃないんだから
 自分で考えて ちょっと自由に行動したっていいじゃない」

「どこに行ったって私は 勝手に陛下の味方をしてるだけだわ」

と自分らしく行動していくようです。

『いつか必ず 貴方に好きだと言いに行くのよ』と思いつつも
「目指せ玉砕!!」と言っちゃう夕鈴。
玉砕すると思い込んでるけど、そんなことないと思うよ!

で、王都を離れた夕鈴は護衛の浩大と共に壬州の荷長官の元へ。
そこである決意と共に、浩大、克右と3人で蓉州に行き
陛下の弟君・晏流公の邸に使用人として潜入するのですが
夕鈴、晏流公と仲良くなってます。
母親の蘭揺とも話をするようになるのですが
邸でとあることを知ってしまい、陛下にバレないよう王都に戻ることに。

もともと行動的だったけど、今回の夕鈴はさらに行動的。
陛下のために自分が出来ることをしようとしている夕鈴が、すごくかっこいいです。
こっそり王都に戻ってきた夕鈴は、方淵と水月に会うのですが
方淵あいかわらずだな!なにがあっても変わらないところが素敵すぎる。
水月もあいかわらず。

水月「――――誰だって心の風邪を引く時ってあるだろう?」
方淵「四の五の言わずに出仕しろ」

2人のこの会話に、ちょっと笑っちゃった。

それから紅珠。夕鈴のことを心から心配していて
水月のお願いで夕鈴が紅珠と会った時も
もう『狼陛下の寵妃』じゃないと言う夕鈴に

「何を仰いますの! 私が力になりたいのは
 いつだって私のお話を優しく聞いて下さった
 『私の大好きなお妃さま』ですわ!」

「ご無事でよかった…!」

と涙ながらに夕鈴の無事を喜んでいました。

その後、氾大臣にも会ってしまうのですが、氾大臣ノリいいな!
そして氾大臣の申し出に

「あの方のお側に行きたい時は自らの足で参ります」

と、きっぱり言い切る夕鈴。ほんと、かっこいいな夕鈴。

陛下は夕鈴のことを思い出して色々考えていたけど…切ない。
手を放せて良かったと思い、夕鈴の幸せを願っていたけど
そんなことを考えている陛下の表情が…。
やっぱり陛下は夕鈴と一緒に居なきゃダメだと思うよ!

で、ラストではりきって妓館に潜入捜査に行っちゃう夕鈴。
どんと来いって、潜入捜査は得意分野って、すごい自信だな~。

巻末には特別編も収録。本編で夕鈴と陛下の絡みがなかったので
特別編では夕鈴と陛下が一緒にいるのが嬉しかったです。
次巻では夕鈴と陛下が一緒にいるところを見れるといいな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする