輝夜姫 ネタバレ 14巻 清水玲子・気になる結末は!?

少女漫画 輝夜姫 ネタバレ 14巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった輝夜姫をネタバレ!

少女漫画 輝夜姫 ネタバレ

輝夜姫の概要

清水玲子先生原作の輝夜姫は1993年からLaLaに掲載され2005年まで連載された
ロングヒット作です。
タイトルは当て字で読みにくのですが「かぐやひめ」と読みます。
あなたが知っているかぐやひめとはちょっと違う
近代的なSFファンタジー系の作品で、
竹取物語をベースにしているそうです。

輝夜姫 漫画を無料でネタバレ 14巻

高力士、七つ道具はどうやって持ち込んだのやら(笑)
そして碧の言葉が高力士を変えて、でも・・・

サットンが、大切なのはミラーだと言うのは良いけど、相手に受け入れる意思が無いのではね。

碧の鬼の話は、晶には伝わってなかったからなあ・・

同じ2人組の信頼関係でも、守と楓は親子みたい。
ところどころ、守の髪の分け目が逆になっているのに気が付いてしまった(笑)

かぐや姫の子(由)が、かぐや姫ではなく、晶が現在のかぐや姫?ややこしい。

マギーはカビの免疫がある貴重な身体だよね?手術費は、研究機関が出してくれないの?

結局柏木は鬼のまま逝ったのかな。

サットン、メットが割れたのに、空気は?
そして、月から“即刻退避”なのに、倭に輸血している余裕があったんだ(笑)

ミラー・・包容力があるというか、無償の愛を注げるというか、すごい人だ。

みんな消えてしまって悲しいけど、これで良いのかなとも思える・・
まゆも、ちゃんと吹っ切れたんだ。一応(笑)
相変わらずミラーは強い。そして晶もミラーを愛せて良かったね。

長い年月をかけて、晶を守って、辛抱強く待って、最後は由に持っていかれるなんて・・
最初は由と晶がくっ付けば良いと思っていたけど、あれではミラーがあまりにも・・・
晶も仲間も誰もいなくて、1人取り残されるなんて・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする