輝夜姫 ネタバレ 12巻 清水玲子・気になる結末は!?

少女漫画 輝夜姫 ネタバレ 12巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった輝夜姫をネタバレ!

少女漫画 輝夜姫 ネタバレ

輝夜姫の概要

清水玲子先生原作の輝夜姫は1993年からLaLaに掲載され2005年まで連載された
ロングヒット作です。
タイトルは当て字で読みにくのですが「かぐやひめ」と読みます。
あなたが知っているかぐやひめとはちょっと違う
近代的なSFファンタジー系の作品で、
竹取物語をベースにしているそうです。

輝夜姫 漫画を無料でネタバレ 12巻

まゆが晶を道連れに、無理心中未遂。
毒は致死性だけど、即効性のものではないんだ。
そして、碧は再び究極の選択を迫られる。

まゆは、下には下がいると思うことで、心が潰されない様に生きてきたのね。
碧は、あの状況で、良く機転を利かせたね。
そして、自分(碧)も毒に冒されているのに、最後の1本を他人に使えるっていうのもすごい。

柏木は、収容された碧の状態を見た時が、一番驚いているように見えた。
「ただの知人」に助けられたからこそ、まゆに変化が生じたんだろうね。

ところで今更だけど、晶と碧の外見って似てるけど、
由、流石にそこまで「碧」を追ってないよね?

203ページの守が可愛かった(笑)

晶、仮にも患者を「これ」って言うなんて・・
そして、聡はどこからそんなSFチックなスーツを?

ミラー、もう変装しなくて良いのかな?

聡は、シェリィとその子供も愛していないけど、ヒロキは愛していた。
なのにヒロキの部分が動揺しなかった=ヒロキは自分(聡)が完全に乗っ取ったことに気が付いて、ヒロキの為に、晶さえも裏切ったのか。

由・・ずっと嫌いだった相手に、何故キスをする・・餞だとしてもね。

あれそういえば、帝もかぐや姫も黒髪なのに、何故子供の由は、月の色の髪?

晶はかぐや姫でないし、天人でもないはず・・

聡の死をきっかけに、皆が少しずつ、
自分達だけが奪われ、失ったのではない事に気が付いていく・・
まゆも自分を変えようと頑張っている。

晶は、外見からミラーを意識し出したみたい・・あと、まゆの話をしたのも大きいかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする