輝夜姫 ネタバレ 10巻 清水玲子・気になる結末は!?

少女漫画 輝夜姫 ネタバレ 10巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となった輝夜姫をネタバレ!

少女漫画 輝夜姫 ネタバレ

輝夜姫の概要

清水玲子先生原作の輝夜姫は1993年からLaLaに掲載され2005年まで連載された
ロングヒット作です。
タイトルは当て字で読みにくのですが「かぐやひめ」と読みます。
あなたが知っているかぐやひめとはちょっと違う
近代的なSFファンタジー系の作品で、
竹取物語をベースにしているそうです。

輝夜姫 漫画を無料でネタバレ 10巻

晶とまゆ、それぞれ自立できそうかと思われた矢先・・

高力士、サットン達を怪しんでいるけど、彼らが一番晶を間違えないと思うよ。
1巻みたいに、このメンバー内に、誰か裏切り者がいるのかな。さっぱり分からない。

ミラーが3人に絞った婚約者候補、113ページの方?114ページの方・・?

まゆ、かぐや姫が乗り移ったのかと思った・・

聡がどんどんおかしくなっていく(笑)

218ページからのノリが好き(笑)

碧のコンプレックスは、深そうだ・・というか、八つ当たり?責任転嫁?
少なくとも由に非は無いよね。
晶も皆の前で、可哀想に。結局まだ、碧は自分が一番なのね。

別に晶は汚された訳ではないけど、まゆにとっては同じことか。
我が身を張ってまで守りたかった晶が・・
そして、晶もまゆに深く依存していたのか。

碧もまゆも、純粋ゆえに、歪んでしまっている気がする。

マギーの言うことは、厳しいけど正論なんだよね。
でも、碧の葛藤も正しい。どちらを選んでも正解じゃないのが、非情だよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする