パレス・メイヂ ネタバレ 2巻 最終回はどうなる!?

少女漫画 パレスメイヂ ネタバレ 2巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったパレス・メイヂをネタバレ!

少女漫画 パレスメイヂ ネタバレ

パレス・メイヂの概要

久世番子先生原作のマンガで2012年から
別冊花と夢に掲載されています。
明治時代をモチーフとした恋と青春の
ファンタジーを描いています。
この久世先生はコメディが多かったのですが
恋愛系はとても珍しく、以前に読者から
取ったアンケート調査でもパレス・メイヂが
1位となったこともあります。
ぜひ読んでみるといいですよ

パレス・メイヂ ネタバレ 2巻

 5~8話です

5、御園君、侍従を辞める年を過ぎても、女帝の要望で勤続中です
 帝の御寵愛、ってことですが、それはワンコのロンと同じレベルの御寵愛ではないか、と
 御園君は思ってます(^^)

 さて、歌会が始まります
 歌の順番は、今上帝の歌が最後、って決まってるんですが
 御園君と同期だった東辻さんが間違って
 今上帝の歌を先に読んじゃいました。

 帝の歌の後に、他の人の歌を詠んだら不敬・・
 ってことで、東辻さんが御園君に処理を丸投げ!

 御園君は、帝が「捨てといて」っておっしゃてた歌を覚えてたので
 それを詠んで、事なきを得ました。

 そのお歌を覚えていたのは、御園生、って言葉が織り込んであったからですが
 それ、本当に、今上帝は御園を思い浮かべて書いてました(^^)
 彼は、知りませんけどね

6、今上帝の行幸です
 接待側はドッキドキ
 でも御園はお友達で代表者の黒田君に「大丈夫だよ」って

 今上帝は、こっそり御園たちに案内してほしかったんですが、黒田がカチコチになるんで
 悪いことしたな、って

 こういうとこ、とっても優しい女帝さまです。

 で、御園が女帝様の意をくんで、抜け道とか、裏道とか案内して
 帝はコロコロ笑って、幸せそう

 そこに現れたのが、女帝を妻に、と望む鹿王院の宮様
 で、宮様は女帝にかわいがられる御園が嫌いなので
 今回もちょっかい出してきて
 黒田も御園も、きっちり負けるのが礼儀だ、ってわかってるのに
 御園は大好きな女帝の前でわざと負けたくなくて、頑張って
 はい、女帝にすてきな笑顔をもらって、満足でした

7.この2巻から、御園の屋敷には、御園に恋する女中のお律、ってのが登場します

 目が悪くて、でも当時メガネは高価で女中には買えず
 6話で知り合った黒田さんのお古のメガネをもらって
 やっと日常生活でぶつからなくなりました(^^)

 こういうとこ、しっかり史実を調べてて、このマンガの魅力の一つです

 7話では、帝が発熱して
 玉体に触ると天罰がある、って脈診もできない時代錯誤の中
 帝の熱が下がらなくて、鹿王院の宮が、側近を怒鳴りつけます

 御園も、注射とかの近代医療を帝に受けてほしくて
 宮とともに、私もしきたりを破ります、って

 注射が効いて、女帝様は元気になりました
 熱が下がったでしょ、て女帝が御園の手を自分のほっぺへ

 女帝様、年下の御園さんを翻弄しとります(^0^)

8話
 帝は外国の使節とも逢わないといけません
 その時には、儀礼的にほっぺにちゅ~、もされる・・

 玉体に外国のむさくるしいひげ男がキスする!!

 って女官たちは泣いて止めますが
 帝は、それが帝の仕事なら、受ける。っておっとこ前です

 でも、内心は嫌だったらしくて

 ひげズラ男に先にキスされた御園が
「ちょっと、こそばいだけです!」って言ってくれたので
 勇気を出して、ミッションをこなせました(^^)

 そして、今上帝は御園の胸に花を挿してくれました
 勲章の代わりに、って

 地位も勲章も上げられないけど、御寵愛はいただける

 そんな関係が、とっても素敵です(^0^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする