パレス・メイヂ ネタバレ 1巻

少女漫画 パレスメイヂ ネタバレ 1巻
最新刊から結末までをネタバレ配信!?
映画化も話題となったパレス・メイヂをネタバレ!

少女漫画 パレスメイヂ ネタバレ

パレス・メイヂの概要

久世番子先生原作のマンガで2012年から
別冊花と夢に掲載されています。
明治時代をモチーフとした恋と青春の
ファンタジーを描いています。
この久世先生はコメディが多かったのですが
恋愛系はとても珍しく、以前に読者から
取ったアンケート調査でもパレス・メイヂが
1位となったこともあります。
ぜひ読んでみるといいですよ

パレス・メイヂ ネタバレ 1巻

 

別冊花とゆめ、に連載中です
 絵もパースがきちんとしていて見やすいし、
 少女女帝のもとに上がった少年が成長して、どんどん女帝に惹かれていくのが、とってもキュートです

 兄上が浪費家で、姉上が金持ちのおじんのとこに輿入れされそうで、職(宮廷の侍従)のために出仕したのが 14歳の公頼くん
 で、あがった早々に、兄上が女官たちに総スカンくらってたと知られ、弟君も冷ややかな目で見られます

 第一話では、お上(女帝の今上帝・彰子さま)の作品が破損される事件が起きて
 公頼クンが疑われますが、公頼クンが捨身で、私の命で贖います、って言って(だって、彰子さまがやってるって気付いたんだもん)
 彰子さまが止めてくれます
 初めて御簾ごしじゃなくて、御姿も拝見して、とても素敵な方でした(^^)

 第二話では、宮廷からのいただきもの、ってシステムのお話が、面白かった
 そうして、宮廷で紛失が続き、盗難か?って大騒ぎ
 でも、公頼くんが犯人の目星をつけて、彰子さまと犯人ゲットです
 ワンコって、収集癖があるよね~

 第三話は、公頼くん、出仕して2年たって16歳になり、今上帝より大きくなりました(^^)
 頭は、彰子さまと、思い出の中の女官・真珠との思いでです
 彰子さまと同じ年の女官でした

 そして、彰子さまは結婚できませんが(中継ぎの女帝で、弟に譲位が前提でも、譲位後も結婚はできない)
 彰子さまの元婚約者・鹿王院宮の結婚への裁可を、彰子さまがなさります。

 公頼くんが成長して、彰子さまを思慕してることが鹿王院宮の逆鱗に触れまして
 色々いじめられますが、彰子さま、しっかり公頼くんの想いをくみとってくれました(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする